二人目不妊の原因と対策について

   2017/03/21

二人目不妊で悩んでおり、その原因や対策を知りたいという人もいるでしょう。

二人目不妊の対策としては妊活サプリを利用するという方法がおすすめです。

二人目不妊は加齢による卵子の老化が主な原因とされており、ある程度年齢を重ねてから子供を授かりたいという人から支持されています。

細胞の1つ1つミトコンドリアというものが存在しているのですが、これは体内維持活動や運動に必要となるエネルギー源を作り出すという働きがあります。

卵子や精子の中にもミトコンドリアは存在しており、エネルギーの供給をしているということです。

ミトコンドリア減少が不妊に影響することも

若いうちはミトコンドリアもたくさん存在しているのですが、加齢とともに数が減少してしまいますし、機能が衰えてしまうと言われています。

産出されるエネルギーが減ってしまいますし、それが体の不調や老化として表れてしまうのです。

ミトコンドリアの働きが弱まると卵子や精子の老化にも繋がりますし、高齢になるほど妊娠率が下がり、流産や染色体異常などが増えてしまうということです。

20代後半から妊娠率が低下していきますし、37歳くらいで大きく低下してしまいます。

そして、40代以降になるとさらに妊娠することが難しくなってしまうため、人気の妊活サプリを利用してみると良いでしょう。

ちなみに、卵子の数というのは生まれた時から決まっていますし、増えることはなく減り続けていくということです。

そこで妊娠のためには今残っている卵子の老化を抑えることや卵子の質を高めることが大切なのです。

 
二人目不妊の原因と対策|原因を理解して二人目不妊を克服する!が参考になりました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket